ディズニーシーを指名したのはダレ

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > コストテーブルは変わってくる

コストテーブルは変わってくる

探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、公的な書類のように書式や記載事項が決められているものではありません。

 

ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などで使う際は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、要点を踏まえた質の高い報告書でないと困りますよね。

 

自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、業者を選定しておけば安心です。

 

かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、最も依頼が多いのが不倫調査です。

 

しっかりした裏付けを得るには相応の経験とカンが要すると思います。

 

その上、突発的な事態に対し、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。

 

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないとクライアントの利益を損なうことに繋がるため、用心に用心を重ねるのは常識です。

 

対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

 

探偵も企業である以上、作業には支払いが必要です。

 

もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに料金は異なります。

 

単純そうな行動追跡でも、ある程度まとまった時間を要します。

 

どのくらいの期間を要するかでもコストテーブルは変わってくるため、調査を行う時間が長ければ、それだけ多くの費用を必要とします。

treasurydirect.mobi